「だんこん?」の世代

「どうも今の日本語が気持ち悪い」。を書いていたら、もうひとつ思い出してしまいました。

■団魂の世代
もう5~6年も前の話にはなるのですが、ある比較的高齢の経営者の方とお話していた時、、、
「人口の構造が変わるから、ニーズも変わるよね」
「[だんこんの世代?]がリタイアするから、きっと新しい需要が生まれるだろうなあ」。。。

???「だんこん」??

失礼になるかと思い、適当に相槌をうって帰ってきたのですが。。。

わかった!
「団塊の世代」のことだ。。。。

この経営者は、団塊の世代よりも大分上の年代だったのでか、文面でしかこの言葉に出会ったことがなく、なんとも思わず思いこんで使ってたようなのです。

「だんこんの世代」。。。。「団魂の世代」。

うーん、ある意味これは、イケてる!
「魂(たましい)が団体になった世代なんだ。。。」。
高度成長期の牽引車だった団塊の世代。
たしかに「だんこん」の方が、当ってるかもしれない。。。。!

■ところが、、、
この話を、ある他の人にそれとなく話していたのですが。。。
結構真摯な方で、
「そういうこともあるよね」って、
やさしく理解を示していました。

「だんがいの世代」は、夢を持つ世代だからねえ。実はぼくも「だんがいの世代」なんだよ」。。。

???
「だ、だ、だ、、、だんがい?の世代」。。。
弾劾の(あるいは、断崖)の世代」???

団塊の世代は、自らを「弾劾」か「断崖」という強い意志を持った世代だ、ということを言いたかったんだ。。。(納得)。

とても、勉強になりました。

言葉を開発した、堺屋太一先生は、こんなところまで考えていたんだね。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    匿名 (月曜日, 13 1月 2014 22:23)

    団体の魂ではなく塊
    断崖もしくは弾劾ですかぁ。
    私自身は一回り下ですが、
    彼らが走り去ったあとは草木も生えないと言われていました。
    「ブントナンセンス・ブントナンセンス」

[経営相談

初動期の相談はフィーはいただきません。ご遠慮なくご相談ください。

お問い合わせまで。